パブリックアート

GINZA SIX では、身近にアートと触れ合える豊かな生活を提案します。
アーティストやクリエイターとのコラボレーションにより、クリエイティブなエネルギーと、
驚きの要素に満ちた感性を刺激するアートプログラムを展開します。
森美術館の監修による、国内外で活躍する注目のアーティスト3名の作品を常設展示します。

《民》

GINZA SIX のために新しく描かれた絵画は、たゆたう色の上に躍動感あるかたちが重ねられ、その対比によって奥行きのある広大な空間が広がります。開放的で無限のような空間は我々の無意識であり、踊っているように描かれたかたちは我々が見えているものの一部(意識)のようにも感じられます。商業スペースから少し離れた空間にある、鮮やかな色彩の絵画。その前を通る人々は、無意識と意識の二重構造によりくりひろげられる堂本の絵画的空間へと誘われます。

2017年
素材: 油彩、カンヴァス
設置場所: 3F、4F、5F 通路
撮影: 加藤 健

引用:GSIX アート

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です